コドモ離れできない親とはどんな感じ?

現状、私の数少ない希みというのはコドモの存在です。コドモの成長が唯一の楽しみになっていてこれは素晴らしいです。しかしながらコドモはどうも何を考えているのか分かりません。おそらく私はコドモから見捨てられてしまうのか持と思いました。昨今は子離れの無理な親がたくさんいるようですが自分もそうならないように気をつけています。どうもいい話をしてしまいましたがそもそも夜の話でした。実は最近も風俗に行ってふにゃちんを慰められました。本当に自分は駄目な人間だと感じます。ただ捨てされることができない熱い気持ちがあってそんなことばかりしてしまうのでしょう。もう諦めれば良いだろうと言われますがいやいやまだまだと思っています。勃起するためにすっぽん料理をディーナーにしました。それを食べた効果ですがさっぱりといっ立ところです。夜のゲンキが無い時には何とかが効果があるという話は信用できません。次に奥さんが買ってきた栄養剤を飲みました。でもこちらも変化は無かったです。セックスレスな人達がどんだけ存在しているのか検索してみました。調べた結果ですが夫婦の年齢によってちがいはあるということです。それは普通の話ですよね。データを詳しく見ると何と全体の半分以上の夫婦はセックスがなくなっています。その起因とは疲れている、何と無くが多いようです。セックスをしなくなると夫婦間は冷える一方です。私の経験からもそうですし他の夫婦間もそうなのでしょう。そうは言っても夫婦というのはセックスだけに左右されるものではないですよね。たとえばシゴトのことや日々の生活など問題はたくさんあります。しかしですがセックスが無いと夫婦ではなく家族、仲間になるんだなと思いました。朝にチンコが小さいと男としてもう難しいなと思います。勃たないということは断念につながります。以前は実は不倫関係もあり奥さん以外にも付き合いがありました。その頃はピンコ勃ちであり昔が懐かしい思いです。現在では妻も抱けませんしもういかんなと思うのです。自分の中には教義のような重たいそして確かな思いがあってそれは近い将来に勃起が止まらないということです。夢のように思い浮かべていますが心の中では勃起しています。これは完全にイメトレの一種だと言えます。後は食事療法も続けていて努力というより修行です。ただし現状では結局一度たりともEDから開放されていません。私が妻によく言われているのはこの甲斐性なしだそうです。これは屈辱的だと思いませんか?私も一生懸命に家族のためにシゴトをしているのにため息しか出ません。ただ嫁と私は年齢が違っていて私の方がすごく年上なのでしょうがないかもしれませんね。結婚するならば同じくらい年代が理想的だなと思うのは私だけでしょうか。インポになってしまって飛び降りたいのは大げさでしょうか?ですが私には耐え難いストレスなのです。周りの人は笑いますが飛び降りたくて仕方ありません。勃起不全になることで自分の役目が終わっ立と感じます。この際後輩にシゴトを頼んで自分は実家のある地域に戻りたいのです。今のところは女性と枕を一緒にする事は殆ど無いというか一切ありません。これは今に始まったことではなく昔からそうなってしまっています。主因としてはシゴト漬けであり接待で飲向ことが多いということでしょうか。この頃は業務で飲向ことは増えていないですが酒がやめられません。自宅に帰宅すると疲れ果ててそのまま寝てしまうこともしばしばです。

強精剤は副作用が心配というのは嘘

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です